Top > 開発コンセプト

Palmiのソフトウェア
gr_line934pic.png

Palmi に搭載されているシステムソフトウェアは、知能化技術 (※) にフォーカスしたプラットフォームです。
知能化技術と知能化技術を利用した社会用途の研究を加速させるために、オープンアーキテクチャーになっています。
開発環境は、Visual Studio のプラグインとして動作することで、効率化と標準化を図っています。

※知能化技術とは現在の状況、またはその変化を把握し、人が介在することなくコンピューターが判断して行動する能力を与える技術です。

IMG_2719.png

◎開発コンセプト

親しみやすく、愛らしい外観の Palmi ですが、実は将来を見据えた様々な想いが込められています。

ヒューマノイド(人型)である意義

  • あらゆる知能を集約化し行動化していくことは、つき詰めれば人間を作り上げることに他なりません。Palmi は、この夢を追い続けるために人型が採用されました。これによって、幅広く様々な研究に対応することができ、数多くの研究者の皆様にプラットフォームとしてご活用いただいております。
  • また、Palmi に組み込まれている多くのソフトウェア・テクノロジーは、それぞれが独立的に活用、さらに発展させることができるため、製品に付加価値を加えたり全く新しい製品を生み出すことも可能です。  

palmi_internet.jpg

ネットワーク能力

  • インターネット情報端末としての Palmi は、パソコンやタブレットなどと同等です。パソコン仕様のハードウェア上で Linux が動作し無線LAN でネットワークに繋がっています。つまり、既存の技術を転用するだけで Palmi を新しい形のインターネット端末やクラウド端末として応用することができます。

オープン・アーキテクチャー

  • 知能化技術の発展には大きく2つの研究テーマが存在します。
  • ひとつは、視覚や聴覚、移動といった知能化技術そのものの研究。もう一つは、それらの技術を活用して社会用途を生み出す、いわゆるロボット(知能化デバイス)によるコンテンツ、つまりアプリケーションの研究です。
  • Palmi は、これら2つの研究でご活用いただけるようにソフトウェアを構成しています。